一棟買いで不動産投資を成功させる|収益率が高い方法

入居者の確保で安心経営

紙幣

マンション経営は安定した収入が得られるのが魅力です。管理会社に委託すれば、別に仕事を持ちながら運営ができます。安定した収入を得るためには立地条件の良いマンションを確保します。もし立地条件が悪い場合は家賃相場を調べ、周辺より家賃を低くすることで入居者を確保できます。定着させるためのサービスも大事です。

More Detail

不動産投資会社選び

セミナー

不動産投資を開始するには、不動産投資会社のお世話になります。安心して信頼できる会社を選ぶことが大事です。そのためには不動産投資セミナーに数多く参加することから始まります。しかしその前に投資の目的と収支計画を立てておくことが大事なポイントです。

More Detail

リスクの低い投資方法

アパート

部屋数が多いメリット

マンションを購入して不動産投資を行うときには一棟買いをするとリスクを分散させることができます。一棟買いではマンションの購入費用が高くなりやすいのが特徴であり、不動産投資としては投資額が大きくなるでしょう。それに見合ったメリットが貸せる部屋が多数あることです。もし一部屋しか持っていないときに空室ができると収入が突然なくなります。それに対して部屋数が多いと一部屋だけ空室になったとしても収入が減る割合が小さくなるのです。不動産投資ではローンを組んでマンションを購入するのが一般的であり、その返済を続けていくためには安定した収入があることが欠かせません。一棟買いをしておくと収入が安定しやすいメリットがあります。

部屋数とリスク分散の関係

不動産投資でリスク分散をするのに適しているのが一棟買いです。一つの不動産を購入するだけでは通常はしっかりとしたリスク分散は実現できません。しかし、部屋がいくつにも分かれていてそれぞれに異なる入居者がいることから、たとえマンションの劣化が進んでしまって退居しようと考える人が増えても一度に全員がいなくなることはないでしょう。そのため、退居者が目立つようになったら空室対策をして入居者数を維持していくことができます。複数の不動産を持っているのに比べるとリスク分散の程度は小さいですが、確実に空室率の高まりを把握して対策を取れるのが一棟買いのメリットです。部屋数が多いほど余裕を持って空室対策に臨むことができます。

一口百万円の不動産投資

男の人

不動産投資で人気の「みんなで大家さん」のシステムは、投資信託と基本的には同じです。投資対象が不動産というだけの違いです。多くの人の出資によって、プロが賃貸運営を行います。一口100万円なので手軽に不動産投資ができます。元本割れのリスク対策としては、複数の投資商品に分散投資すればいいのです。

More Detail